in English

「高砂寿司」に「高砂部屋」がご来店!

 5月11日(土)、大相撲5月場所初日前日、高砂親方(元朝潮)がお見えになりました。高砂部屋の後援会長が、たまたまあるお客さまの紹介で高砂寿司の存在を知ってお見えになったのをきっかけに、屋号が同じということで、高砂親方もお連れくださったのです。

 親方は、江戸前スタイルの寿司に非常にこだわりを持たれていて、かんぴょうの煮方、がりの漬け具合などをおたずねになるなど、なかなか「違いがわかる男」ぶりをご披露なさいました。

 さぞたくさんの量を召し上がっていかれるのだろうと思っていたのですが、むしろ飲む量のほうがものすごく、大きなグラスで焼酎をがばがばと10数杯、もちろん肴もたっぷりとつまみながらでした。(場所初日前日ということで、これでも控えめだとか……!)

 そして、体育会系の骨太な精神論をたっぷりと語ってからお帰りになりました。お気に召していただいたようで、またお見えになるとのこと。もっと大きなグラスをご用意してお待ちしています!

↑思わず「ミーハー」してしまった、高砂寿司一同。特に大相撲ファンの大旦那は大興奮!